検査の方法
検査の方法
若月ドクターの解説はいかがでしたか?それでは、それぞれの検査方法は
具体的にいったいどのようなことをするのでしょうか?

■検査の方法

直腸診

  
直腸の前に前立腺があるので肛門から診察すると前立腺を触診できます。前立腺の大きさや硬さ、圧痛などにより前立腺肥大症、前立腺癌、前立腺炎などを診断します。
恥骨 膀胱 前立腺 直腸
((定性検査)) ---------------------------------------------------------
尿のPHの他、蛋白,糖、潜血反応などがないかどうかを検査します。
((尿沈渣)) ---------------------------------------------------------
尿を遠心分離して、尿の中にある赤血球、白血球のほか上皮細胞、結晶成分などを調べます。血尿の種類、炎症の程度,癌細胞などの検査、特殊な結石の原因、トリコモナスや細菌の種類などが分かります。
((尿道口スメア検査やグラム染色)) ---------------------------------------------------------
特に尿道炎の場合には尿道口に直接ガラス板をあてて、染色し、白血球や淋菌などの細菌を観察します。
((細菌培養、PCR検査(外注検査))) ---------------------------------------------------------
尿でクラミジアのPCR検査、尿道分泌液のスワブをとってマイコプラズマやウレアプラズマを含む細菌の培養検査も行います。
((前立腺超音波検査)) ---------------------------------------------------------
経直腸前立腺超音波法は前立腺疾患の有力な診断方法で従来の尿道造影や内視鏡に比べ侵襲が少ない上に内腺や外腺の大きさ、外腺の癌の有無、前立腺結石、前立腺嚢胞、直腸診では診断できない中葉肥大などが正確に診断できますので尿流量測定法とあわせて前立腺疾患の治療方針決定にはなくてはならないものとなっています。
最近ではMRIが前立腺癌の診断にかなり有力です。必要な場合には病院の予約をとって紹介しています。
尿流量測定 
専用のトイレで排尿するだけで、排尿の勢いがグラフになって記録されます。
 
超音波で膀胱の大きさを測り、排尿後に残った膀胱の尿量を測定します。
超音波
((前立腺超音波検査)) ---------------------------------------------------------
経直腸前立腺超音波法は前立腺疾患の有力な診断方法で従来の尿道造影や内視鏡に比べ侵襲が少ない上に内腺や外腺の大きさ、外腺の癌の有無、前立腺結石、前立腺嚢胞、直腸診では診断できない中葉肥大などが正確に診断できますので尿流量測定法とあわせて前立腺疾患の治療方針決定にはなくてはならないものとなっています。
最近ではMRIが前立腺癌の診断にかなり有力です。必要な場合には病院の予約をとって紹介しています。
((腹部超音波検査)) ---------------------------------------------------------
腎臓、膀胱、の他肝臓や大血管、後腹膜臓器など腹部全般を超音波で検査し腎臓結石、水腎症、腎癌、膀胱癌などの診断に威力を発揮しますが、検査の方法は装置をおなかに当てるだけの簡単な検査です。
レントゲン検査
((腹部単純撮影))----------------------------------------------------------------
腎臓、尿管、膀胱の部分の造影剤を使わないレントゲンで、結石の診断には欠かせません。
((尿道造影))----------------------------------------------------------------
主に男性で尿道の先端から造影剤を注入しながら尿道の形態を検査します。尿道狭窄の診断に重要です。
膀胱尿道鏡検査
仙骨ブロックをまず行います。尿道から内視鏡を挿入して尿道、膀胱の内面を検査します。膀胱腫瘍や血尿の診断には不可欠です。