前立腺の針生検は前立腺癌の診断に重要なものです。

PSAの異常高値や、触診、超音波異常などがあると、針生検を行って確定診断をします。

従来針生検は6箇所の系統生検でしたが、最近の傾向としては8箇所から12箇所が標準で、20箇所程度までの組織採取が行われるようになっています。

腰椎麻酔で行いますので、入院が必要です。 住友病院など前立腺がんの治療まで行える専門病院を紹介します。

大阪市北区の泌尿器科 若月クリニック院長より